MENU

まさかのオーディオインターフェイスAVID MBOX Studio購入! ついでにWindows PCも購入!

  • URLをコピーしました!

皆さん、ご機嫌よう! Mac使いのタカミックスです。

あぁ、金がない、金がない!

そんな万年金欠病のタカミックス、何を血迷ったか2023年7月1日にWordPressの有料テーマであるSWELLを購入しました。今まで使用していた無料テーマのCocoonでも問題はなかったのですが、もともとWordPressに慣れたら有料テーマにしようとは思っていたのです。なので別にまとまった金が入った訳でもないのですが、17,600円程のSWELLを購入してしました(まぁ、一番の理由はiMacの支払いが終わったからなんですけどね…)

SWELL購入後、今後デカい買い物は絶対にしない! と固く心に誓いました。何か以前もそんな誓いをした記憶があった様な、なかった様な…

とは言え実はタカミックス、現在猛烈に欲しい物があります。それがオーディオインターフェイスです。

結局買わず?

音を作っている中でも、オーディオインターフェイスって値段と性能が比例する商品なんですよね(まぁ、楽器に限った話ではないのだが…)。なのでRMEのBabyface ProやFireface、もしくはUNIVERSAL AUDIOのAPOLLO TWINとかをマジで購入しようと思ったのです(高いけど…)

高いのは190,000万円くらい

とは言え、ここ数年停滞しているオーディオインターフェイスに、そろそろ次世代機が出るのではないか? と何の根拠もなく考えていたタカミックスでしたが、そんな時にサウンド&レコーディング・マガジン(以下サンレコ)で目にしたのがAVIDのMBOX Studioだったのです。

AVIDってPro Toolsを出してる会社っスよね? いや、タカミックスが使ってるのはLogic Pro(以下Logic)だし… なんてことを考えていたのですが、サンレコのタイトルには“Logic ProユーザーのシンリズムがAVID MBOX Studioを試してみた!”とあり動画まで付いてるではないですか? これは見聞の価値あり、と早速記事を読み進めて行ったのでした。

オーディオインターフェイスで気にしていること

その前にタカミックスがオーディオインターフェイスで気にしてることって、音質云々は当然なんですけど、入力端子が全面に付いてないと困るんですよ。

タカミックスはiMacの下にオーディオインターフェイスを置いているので、BabyfaceやAPOLLO TWINみたく背面にインプットがあるとシールドの抜き差しに苦労するから嫌なんです。

iMaacの下にセッティング

いや、バカみたく広い部屋住んでれば話は別なんですけどね… なのでオーディオインターフェイスの全面に入力端子があり、音質も考えるとFireface一択かと思っていたのですが、如何せん値段が…

価格と音質

哀しいかなオーディオインターフェイスも価格と音質は比例します。

タカミックスみたいなトーシローの考えだと、DTMでギターとかのアナログ音をデジタル音に変換するだけだろ? と思ってしまうのですがね。

実際はAD/DA構造、標本化定理&サンプリング周波数、オーディオクロック、ジッターetc.と凄まじい機能が詰め込まれているのです。

なのでプロ級の音質、せめてプロ級に近い音質を… となるとオーディオインターフェイスでも10万円以上は必要になります。

とは言え右に左に10万円近くも出せないし、10万円も出すなら新しいギター買うよ! となりかねません。

そんな時にAVID MBOX Studio見つける

まぁ、そんな時にAVID MBOX Studioの記事を見つけた訳です。で、結論から言うと買っちゃいました、AVID MBOX Studio!

箱デケェ!

って、比較対象がないと大きさが分からんですよね? と言う訳でM1 iMacの下に置いてみました。

iMacの下で映えるMBOX Studio!

うん、確かに入力端子は正面に付いてるから問題なしだな… って、そう言う問題ちゃうやろ、デカ過ぎだ!

オーディオインターフェイスの概念を打ち壊してないかMBOX Studio? って感じです。もっとも購入前から大きさは分かっていたので別に購入してから驚いた訳ではないですよ?

あ、もちろん背面に沢山の入出力端子がありますからね!

背面

そこそこ高いMBOX Studio

先ほどオーディオインターフェイスに10万は出せないと書いときながら、このMBOX Studioは約110,000円近くです。相変わらず言ってることとやってることが違うタカミックスです。

このMBOX Studioの魅力の一つに操作の有無をPC画面で確認できることもありました。別にそれだけでMBOX Studioを購入した訳ではないのですが、この辺は安いオーディオインターフェイスだと画像出力が無いので、オーディオインターフェイス本体の操作ノブのみで入出力のレベル調整をしないとダメなんですね。少なくともタカミックスが使っていたUS2×2は画像出力はありませんでした。

そんなのミックスで調整しろよ! って意見もあるのでしょうが「それはごもっともだけど、俺の考えは違った(by 本田圭佑)」って感じです。矢張り元の入力信号からダイレクトにパソコン画面で確認したいんですよ。

USB-Cが認識されない…?

MBOX StudioはMacにUSB-Cで繋ぐのですが、最初はMBOX StudioがMacに認識されず、USB-Cの上下を反対にしたら無事Macに認識されました。

いや、ちょっと待て! USB-Cに上下は関係ないぞ?

このUSB-Cの上下についてはバッファロー(タカミックスも使ってます!)がコメントを出してます。バッファローは「基本的に上下を逆にしたから機能に差が出ることはありません」と答えています。

靴のBuffaloではありません

とは言えバッファローは「粗悪品のUSB-Cなら上下の違いがあると聞いていますが回答は控えさせて貰います」とも言っております。

ここでオランダのエンジニア、Pim de Groot氏の面白い記事を見つけました。

Groot氏は「USB-Cデバイスで問題が発生した場合は、コネクターを逆向きに差し込んでみてほしい。表裏が原因の場合もあるので」と述べている。

まぁ、この辺は『電源周り 〜 USB Type-Cには上下がない?』でも書きましたけどね。

あわせて読みたい
電源周り 〜 USB Type-Cには上下がない? USB Type-Cにも上下がある?

その理屈を当て嵌めるとMBOX StudioのUSB-Cは粗悪品だったのか…?

ついでに…?

いや、ホントに金ない中で何買ってんだよ! って話です。そんなMBOX Studio購入したばかりなんですけど、ついでに月4,000円以下で購入できるAIサービスツールも目に付いたんですね。

タカミックスもそのツール購入しようと思ってるんですけど、それWindowsのみのツールなんですよ。

なのでParallelsを購入してMacでWindowsを走らせるかな? とも考えましたが、結局買っちゃいました! ヒューレッドパッカード社のWindowsノートパソコンを!

HPノードパソコン

えっ、値段っスか? いや、流石に高いハイスペックマシンは買えないので…

このタカミックスが欲しいと思っているAIツールは(DTM関係ないんだけどね…)開発者側からMacでWindows走らせた場合にAIツールは作動はするけど保証はしない、って断りがあったんですね。

それにWindowsライセンスって年14,000円近くでしょ? Parallelsも13,000円近くするので、都合30,000円くらい掛けて購入したWindowsソフトでAIツール動かしたらタカミックスのMacで使えなかった、なんて話になったら洒落にならん!

仮にMacでWindows走らせてAIツールが使えたとしても、年14,000円近く払い続けることを考えたら安いノート買った方が良いなって思ったんですよ(実家にも持って帰れるし)

なのでネットで安いノートパソコン購入しても良かったのですが、タカミックスは会社で使っているとは言えWindowsマシンは知らない! 確かに大昔にWindowsマシンは持ってたし、Boot CampでWindows 7を動かしていたこともありましたけどね。

けれどWindowsは8(エイト)以降で大幅に変わったと聞いてたので(間違ってたらスマン、自信はないのだ)、8月21日に某ヨ○バシカメラ新宿東口にて下見に行ったんです。そこで5万円台のASUSのノートパソコンが売ってたんですが、これがChrome OSでWindowsはインストール不可とのこと。

店員のおにーちゃんが言うには「Windows 11を使うなら最低でメモリを8GBはないとダメでしょう。Windows 11でメモリを4GB使うので、メモリが8GBあればAIサービスツールや他ソフトが動くでしょうが、安全に作動させることを考えたら16GBですね」とのこと。

その日はパソコンは購入せず家に戻り、翌日8月22日の朝にAIツールの販売元の公式LINEに「Apple版も出してちょび髭」と質問を出そうと思ってたら、何とAIツール、残り30個売れたら販売を一旦中止するって言うのですよ!

マジかよ? もうパソコンスペック云々の話は打っ飛ばしてソッコーAmazonでWindowsマシンをポチった訳です。

届くのは今晩

そんなこんなで購入したHPのノートパソコンなんですが届くのが今晩8月24日の19時以降となっております。

なので急いで購入しましたとの記事を上げました。これで今晩申し込み予定のAIツールが売り切れてたらどうしよう?

なお会社の同僚からは月々4千円程度のツールのためにWindowsパソコンを買うなんてバ○じゃね? と言われています。

ただし会社で唯一タカミックスがパソコンの話ができる同僚だけは同意してくれています。

何故かパソコンの話で終了

何故かMBOX Studioではなく、パソコンの話になってしまいました。

ホントはMBOX Studioの操作レビューもしたかったのですが、そのレビューは次回と言うことで…

おしまい

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!